カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:未分類( 918 )

Born to be

どうせこんなものだろう 諦めていても
何処かで私が
私を守って
救いを求めている 矛盾

誰かの呼ぶ声を待つことやこんな筈ではない出来事に疲れ果てても

全てを捨てる勇気も力も 持ち合わせてはいないよ

何を勝ち取って誇り
何を失って嘆いている?

美しすぎるだけの理想なんか 必要じゃない
[PR]
by hibikipop | 2007-08-02 04:35

morbid

平気でなんか
あるはずもない

この目に映る
全てを消してしまうように似合いもしない
サングラスかけて

この部屋を出た
行き場なんてないくせに 居場所を探した

私は私の
心を探した
[PR]
by hibikipop | 2007-08-02 04:24

fear of alone

好きなモノも嫌いなモノだって自分でよく解ってる
だけどそれすら時々解らなくなって私は
訳もなく心が痛くてとても悲しくて

足がすくんで
歩けないでいる
私だけひとり
ここに佇んだままの 夜
今が壊れた私なら
正しい私って どんなものだろう
[PR]
by hibikipop | 2007-08-02 04:14

chain

出会ってしまった意味や 理由なんかはもう
今は要らない

二人過ごした時間だけが いつまでもカラーで
私の頭のなかで
繰り返している

意地を張った サヨナラ
心にもない サヨナラ

私が決めたことだったのに今でも あなたという鎖に 繋がれたまま

こんな選び方しか出来なかった 罰なのかな
[PR]
by hibikipop | 2007-08-01 08:35

undecided

伝えられなかった
こんなに近くにいるのに 伝わらなかった
こんなに想っているのに
離れてしまった
私達
それぞれ誰のもとへたどり着くのかは
分かりようもないけれど
あなたがいたから
私は私だった
それだけは
これから先も変わらない 永遠に
事実
[PR]
by hibikipop | 2007-08-01 08:28

relation

混ざり合った吐息のなかにもどかしさと悲しさが溶け込んだ
気付けばそこにいたあなた
夜が苦しい時も
手を伸ばせばいつも
優しい笑顔があって
抱き締めてくれた時の
においも温度も
他にはない 特別だった

季節が変わり 穏やかさをなくしたとき
気付けばもう
あなたはいない
特別だった全てが何処にもない
今はただあの頃よりも夜が苦しい
[PR]
by hibikipop | 2007-08-01 08:15

still unknow

この道は何処へつながっていて どう歩いて行けばいいかな
曲がることを恐れてこのまま私は 私のままでいるのか
現実を嘆く?
仕方がないって諦める?
分からない何かを勝ち取れないのは
傷付き失う絶望を もう見たくはないから
[PR]
by hibikipop | 2007-08-01 07:50

a distance

人は犯した罪の数と
流した涙の数だけ
強くも優しくもなれるなんていわれてる
だけどまだそう
思うように私は
強くも優しくもない
あとどれくらいの傷を負えば私は
大事なものを見付けるだろう
[PR]
by hibikipop | 2007-08-01 07:45

a distance

人は犯した罪の数と
流した涙の数だけ
強くも優しくもなれるなんていわれてる
だけどまだそう
思うように私は
強くも優しくもない
あとどれくらいの傷を負えば私は
大事なものを見付けるだろう
[PR]
by hibikipop | 2007-08-01 07:45

センサー

何故こんな場所にいるのかとか誰のせいかなんて
分かっていることで
無意味な話
まるで獣の檻のなか
あらゆる危険から私は私を守った
[PR]
by hibikipop | 2007-07-30 09:39