カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

2007年 04月 10日 ( 6 )

嘘色

あなたを好きか
わからないけれど

あなたに傷をつけることは憎たらしく愉しい

赤い雫が滴るほどに
その喉も 背中も
この爪と唇で

歪むあなたが
憎たらしく愉しい
[PR]
by hibikipop | 2007-04-10 06:01

終止符

この掌で
掬えるものなら
あとどれくらい?

吐気がする程の
偽物の言葉を交わす
真っ赤な世界だ

あたしは決して
染まらない
余計なものを掬う程
あたしの小さな手は強くない
[PR]
by hibikipop | 2007-04-10 05:49

心なし

被害者なんかじゃない

あたしがあたしを売っても
何人たりともあたしを

操作することも

傷付けることも

できるとするなら

それはあたし自身にだけだ
[PR]
by hibikipop | 2007-04-10 05:44

心なし

被害者なんかじゃない

あたしがあたしを売っても
何人たりともあたしを

操作することも

傷付けることも

できるとするなら

それはあたし自身にだけだ
[PR]
by hibikipop | 2007-04-10 05:44

歩道橋

現実逃避
そうだね きっと
そんなところだけれど

鮮明に全てを照らし出す この光のなかで
まだ少し冷たい風と
メンソールのかおりだけが
あたしの存在を確にしたような
そんな気がした
[PR]
by hibikipop | 2007-04-10 05:36

17℃の下

いつか同じ所を眺めていた今のあたしも場所も
何も手にしていなかった あの日

慌ただしい人の粒で
淀んだ灰色の雑踏
つんざくようなクラクション
何ひとつかわりない

それを眺める
あたし以外は
何ひとつとして
かわらない
[PR]
by hibikipop | 2007-04-10 05:28